歯科クリニック

むし歯の施術をした後にすぐに食事をしても良いのかどうか、施術前に軽く食事を済ませておいたけれども、お腹が空いてきてしまった、でも食べていいのかどうか分からない…という方もいらっしゃるでしょう。

どのような施術の場合に、どれくらい時間を空ける必要があるのでしょうか。食事までに空ける時間は、施術内容によって異なります。ここでは、むし歯の施術で麻酔を使用した場合と、歯を削った場合の食事について、注意事項をご紹介します。

また、施術後にお腹が空いてしまって、どうしてもすぐに食べたいという時におすすめのメニューも併せてご紹介しますので、ぜひご参考になさってください。
1.施術後の食事で知っておくべき3つの注意点

むし歯の施術の後、食事はどうしたら良いのか、知っておいていただきたい注意事項があります。麻酔を使った場合は、切れるまでの時間が施術内容によって変わってきますので、具体的にご紹介します。

1-1 いつ食事をして良いのか

麻酔を使用した場合には、基本的に麻酔が切れるまで食事を差し控えます。

むし歯の施術であれば、2~3時間を目安にしてください。親知らずの抜歯を行った場合は、むし歯の場合よりも強い麻酔を使用していますので、麻酔が切れるまでには3~6時間程度かかります。麻酔の効果は施術後徐々に薄れていきますので、食事はしびれの感覚がなくなり、感覚が戻った後にしてください。

1-2 麻酔が効いている時の食事控える

麻酔が効いている間に食事をしようとすると、思わぬ怪我につながる可能性がありますので危険です。

麻酔は施術の痛みを感じさせないようにするためのものですので、麻酔が効いている間は当然ながら感覚がありません。しびれたような感じがする、触ってみても何も感じない、思うように唇を動かせないという経験がある方もいらっしゃるでしょう。そのような状態ですので、次のような可能性が高まります。

・唇を噛んでしまうことがある

口周りを思うように動かせないので、誤って唇を噛んでしまう可能性があります。うっかり噛んでしまうと、腫れ上がることがあります。また、唇だけでなく頬の内側を噛んでしまう可能性もあります。傷口が割けて出血してしまうなど、意図せず大きな怪我につながってしまうこともあります。

・傷ついていても気付かないことがある

麻酔で感覚がないことから、遊び半分で、爪などでつついたり引っ掻いたりしていると、唇や歯茎に傷を付けてしまいかねません。もし傷ができてしまったとしても、感覚がないため気付かないことがあります。

・火傷に注意

火傷にも注意が必要です。熱さや冷たさが分からなくなっていますので、麻酔が効いている間に水分を摂る際には、熱いものは特に注意を払うようにしてください。

・口が思うように動かず、飲食物がこぼれてしまう

何か食べ物を口に入れようとしても、麻酔が効いた状態だと、口は思うように動いてくれません。思いがけず口の端から飲み物や食べ物がこぼれてしまうことがあります。

 

大阪市の虫歯治療http://www.nagisa-dental.com/first/

 

足立区・葛飾区のインプラント CTスキャンhttp://www.ken-inplant.com/implanttreatment/ctexamination/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です