レッドビーシュリンプ通販 ブラックシャドーシュリンプブリーダー

 

 

 

レッドビーシュリンプ通販 ブラックシャドーシュリンプブリーダー179609_3744

 

 

ブラックシャドーシュリンプとは

引用元 http://www.aquatailors.co.jp/shrimp/hinomarumosura.html

青味の強く出る”ブルーストロングブラックシャドーモスラ”。
モスラと称されるポイントとして大切なアイデンティティはどこに着目するべきかなど、ブリーダーやショップに確認されると理論とフィーリングの境界線が見えてくるだろう。



全て黒が人気、価格とも上位にあるシャドーグループであるが、いよいよそれも終わりを告げる段階に入るかもしれない。
 



水質、環境の変化による白地部分の変化に対して、”血統”の占める割合はいかほどであるだろうか…。


この項目では基本的なシャドーシュリンプやビーシュリンプの説明を省いた上で話を進めていきたい。
(この項目に興味のある方はなにか目標もあるはずなので・・・)
では早速・・・
シャドーシュリンプブームの始動時、はじまりはブラックシャドーフルブラックのようにブリーディング初期にて出現率の低いものが希少価値を纏い価格の差を得たことは記憶に遠いがその後、シャドーシュリンプの色質であってもビーシュリンプと同様のパターンを持つ日の丸やモスラといった表現である個体がそれに続き、流通量及び価格の差を得たのは記憶に新しいはずである。
しかし、そのような背景の初頭には当時、ビーシュリンプと同様の模様ではすでにビーシュリンプが先行しているため作出の意味が無い・・・と囁かれたことは今となってはどこへやら・・・。

このような個体は単なる売買の視点だけでなく、
構造について考えるのに最適である。
マニアライクな個体であるが、使い方次第で大きく利用できるかも…。

余談であるが、(むしろ脱線が狙いのシュリンプラボ!?)
シュリンプの世界はブリーダーやトレーダーなどがそれぞれホビースト(顧客)と非常に近いところに位置し(混合)、保守を含有した批判・批評はすぐに広がる感もある。
情報の増加は流行の裏づけと考えれば望ましいことなのかもしれないが、様々な品種にエントリーする前に、予備学習の過程においてそれらの情報を敏感に察知すればするほど最終的に堂々巡りとなっている場合も多く、最終決断は自分自身の直感と経験がものをいう世界であるのかもしれない。
(流行と相場を重んじる方の場合)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です